翠紅苑 新着情報

【必読】絶景スポット『夢のつり橋』を安全にたのしむための5カ条[夏期Version]

その1.夢のつり橋は、18時までに渡り、お帰りください

寸又峡の夕暮れは早く、19時を過ぎれば山の中は真っ暗になります。
※冬期はより早く暗くなります
また、自然景観を守るため、プロムナードコース(遊歩道)には街灯がありません
時間に余裕をもってお出かけください。

その2.歩きやすい靴で散策ください

プロムナードコースは、急な下り坂と304段の急階段があります。
動きやすい服と歩きやすい靴でおでかけください。

その3.スマホやカメラなどを落とさないように注意

橋の上や急階段からスマホやカメラ、帽子等を落とされると、拾うことができません
ストラップや帽子クリップ等を必ずつけてください。

その4.お荷物は最小限に、飲み物は持っていきましょう

夢のつり橋を巡る散策路「寸又峡プロムナード」は、美しい自然をたくさん見ることのできる、1周約90分のコースです(混雑時には更に時間がかかります)
より自然を堪能できるように、できるだけ身軽な格好と、水分補給のための飲み物(水筒)を持参してください。

その5.ルールとマナーを守りましょう

夢のつり橋は、混雑時には、渡るために最大で120分程度の待ち時間が発生します。
また、混雑時には一方通行となります。
みなさんが楽しめるように心がけてください

夢のつり橋へのお出掛けは早朝から午前中がおすすめです。

行楽シーズン中は大変混み合うことが予想されます。
比較的混雑が少ない涼しい午前中に行かれることを強くおすすめします。

体調や体力と相談し、ご無理のないようにお楽しみください。

寸又峡 夢のつり橋

寸又峡 夢のつり橋

 


カテゴリー: 翠紅苑便り